Category : タイプ別に見る妻との付き合い方

大和撫子タイプが隠し持つ不安

良妻の代表とも言える大和撫子タイプの女性には、「ありがとう」という言葉がもっとも効果的です。感謝の気持ちは、夫婦関係だけでなく、 全ての人間関係にとって重要な感情であると言えるでしょう。「ありがとう」、ちゃんと伝えていますか?

最高の妻

男性にとって、この上ない結婚相手と言える『大和撫子』タイプ。『良妻賢母』という言葉がふさわしく、夫を立て、不満を漏らさず、毎日家事に勤しむ。 まさに妻の鏡とも言える女性ですが、気をつけないと突然、離婚をたたきつけられることも。彼女たちの胸中には、一体どんな想いが渦巻いているのでしょうか?

不満は表に出ないだけ

大和撫子タイプは、夫をとにかく大切に扱います。旦那が帰ってくる頃合いを見計らい、食事の用意や風呂の用意をしてくれます。家でしっかり休めるようにと、 掃除や洗濯は日中に全て片付けてしまいます。旦那が一言発すると、1から10まで読み取り、行動に移してくれます。見ているだけでけなげで、本当に良い妻だと誰もが思うでしょう。 ですが実際には、彼女たちにも不満は確実に募ります。

夫は大和撫子タイプの女性と結婚すると、はじめの頃は嫁の甲斐甲斐しい姿に感謝をします。「本当に結婚して良かった」「俺は幸せ者だ」と。ですが人は慣れる生き物です。 次第に、嫁のしてくれる様々な身の回りの世話は、「当たり前のこと」だと思うようになります。まるでお殿様にでもなったような気持ちでのけぞり、威張り散らしてしまいます。

大和撫子タイプの女性は不満を表に出しません。注意をされたり、叱られたりすると、例え自分が悪くないとしても、言い返したり、表情を曇らせたりしません。 旦那からすると素直で聞き分けの良い嫁だと思うかも知れませんが、実は不満を心の中にため込んでいるだけかもしれません。

気づいた頃にはもう遅い

別れは突然やってきます。不満を爆発させた嫁は、突然姿を消すかも知れません。残された者はテーブルの上に残された『離婚届』のみ。ようやく夫は、今までの行動を反省します。 ですが時すでに遅し。一度出て行った嫁はもう二度と、帰ってくることはないでしょう。

大和撫子タイプと末永く一緒にいるためにコツは『感謝』です。美味しい食事を作ってくれたとき。部屋がきれいに片付いていたとき。どんな時でも、感謝の気持ちを伝えましょう。 不満を表情に出さない大和撫子も、褒められたときにはうれしさのあまり、きっと喜びの表情を見せてくれます。

ご機嫌を伺う方法といった、『細かいテクニック』ではありませんが、『感謝』の気持ちなくして良い夫婦関係はありえません。ある意味、最も基本的なことと言えます。 良い嫁をもらったからには、良い夫でいなくてはなりませんよね?

Recommend