Category : 喜ばれる家族サービス

男ならやっぱり日曜大工?

あなたのお父さんは、立派な工具入れを持っていませんでしたか?男と言えばやはり日曜大工。家に必要な家具を作ったり直したりして、株を上げましょう!

家具は男に任せておけ!

「ここにちょっとした棚が欲しい」「椅子が最近ぐらつく」こんな奥さんの言葉を聞いたら、チャンスだと思いましょう。棚を買うのも椅子を直すのも、 どちらも馬鹿にならない費用がかかります。かといって、安いものをインターネットで探して購入するのもあまりオススメできません。インターネットでの購入はリスクがつきものです。代表的な例で言うと医薬品のネット購入(個人輸入)がありますが、薬をネットで購入した人が実際に健康被害にあってしまったということが発生したようです。詳しくは個人輸入の危険性をご覧ください。やはり、ネットショッピングでは安かろう悪かろうがつきまとうということを肝に銘じておく必要があります。話がそれてしまいましたが、元々あるスペースにぴったりな棚を作ったり、 使い慣れた椅子を直したりするのはやはり男の出番です。

木工作業で尊敬される?

『日曜大工』はその名の通り、日曜などの休日に、木工作業を行うことです。最近では『DIY』とも呼ばれ、関連書が数多く発売されるほど広く浸透しています。 工具と作業場所さえあれば誰でも行うことができることです。趣味としても楽しめるので、機会を見つけてはじめてみてはいかがでしょうか?

棚を作ったり椅子を修理したりというのは、やってみると意外に簡単です。ですが、できない人からしてみると、まるで専門職の仕事のように思えます。 奥さんやお子さんから尊敬のまなざしを受けるのは間違いありません。休日にダラダラするのではなく、木工作業に精を出してみてはいかがでしょうか?

道具を揃えよう!

今やホームセンターなどで工具は非常に安く購入出来ます。本格的な作業に必要なものも、お手頃な価格で揃うでしょう。インターネットなどで購入しても良いですが、 まずは自分の目で見て、手で触れて、選んでいくのが良いでしょう。

工具は何も、一から家具を作るためだけに必要なわけではありません。IKEAなど家具は、パーツがバラバラになった状態の組み立て家具です。工具がなくても、 それなりの道具があれば組み立てられますが、やはり本格派のものが揃うと作業は快適です。

道具が揃えばあとはやるだけ。奥さんやお子さんと一緒に、楽しく作業をすることで家族の絆も深まるかも?ただし、怪我には気をつけてくださいね。 日曜大工をして、家を今よりも快適にしましょう。女性には中々できない仕事です。あなたが頑張ることで、きっと家族から感謝されるでしょう。

Recommend