Category : 男が家でできること

亭主力アップがとても大切です!?

戦後の日本には、非常に大きなエネルギーが渦巻いていました。60年代には「所得倍増計画」が発表され、人々の暮らしを「倍」に豊かにすると政府が宣言をしたのです。それを支えたのは、生真面目なサラリーマンたち。一所懸命働いて、どんどん国を豊かにしました。その頃の夫たちは、家庭でも主役。毎晩遅くまで働いて深夜に帰宅しているにもかかわらず、家族というひとつのチームのリーダーであり、妻を大切にする亭主力も持っていました。性生活でも活発に活躍したのです。

亭主力とは、妻を笑顔にする力

夫の役割は楽しい家庭を築くことでしょう。そのためには、一所懸命働かなければなりません。一昔前までは、セックスレスなどということが問題になることはなく、昼間会社で頑張ってきた夫は、夜はベッドでもハッスルしていたものです。ところが、現代の夫たちは、会社での仕事もそこそこ、ベッドでもたまに頑張るだけという人が増えています。週に一度でもセックスしていれば良い方で、1ヶ月以上ご無沙汰というカップルが少なくありません。妻たちの望んでいるレベルは「週3回」。一日おき程度にはすることが望ましいのです。

夫が目指すべきは「妻の笑顔」。妻を幸せにしていれば、子どもたちも幸せになるものです。たとえ経済的にはぎりぎりの生活であったとしても、妻を笑顔にできていれば十分です。妻に感謝しほめることも大事ですが、性生活も重要です。妻たちの不満の9割はセックスに原因があるとも言われます。性的に満足していれば、他のことはあまり気にならなくなるからでしょう。その意味では、亭主力とはセックス力と言い換えることができるかもしれません。

妻たちのストレスの原因は「夫」であるという現実

男性は仕事でストレスを抱えるものですが、妻たちのストレスは「夫」であると言われます。夫たちの多くは、自分が想像する以上に、妻や子供たちから嫌われているものです。家庭内の雰囲気を悪くする「元凶」となっていることが少なくないからです。

90年代のバブル崩壊以降、サラリーマンの多くがランチをけちるようになっています。お昼はワンコイン(500円)で済ませる人も少なくありません。そんな中でも、実は妻たちは2000円のランチを楽しんでいます。平日のシティホテルのランチビュッフェを賑わしているのは、ほぼ100%主婦のグループです。夫の悪口をデザートに、毎日おしゃべりを楽しんでいるのです。だからといって、妻を責めても仕方がありません。

性生活もうまくいかない、家庭に笑顔がない、という状態では、ランチで贅沢して他の主婦たちと憂さ晴らしをする以外にストレス発散の方法がないのです。亭主力のある夫がいる主婦は、ホテルランチに出かけたりはしないもの。シティホテルでランチを楽しむ主婦たちは、実はとても哀れな女性たちなのです。 妻を満足させ家庭に笑顔を取り戻すために、亭主力をつけましょう。妻を満足させるためには、性生活も重要です。

Recommend