Category : 円満な家庭作り

子育て真っ只中の妻をイライラさせる夫の行動とは

子育て真っ只中の女性たちは、子供を守ること、育て上げることに必死です。そんなとき、夫がマイペースで自分のことだけに熱中している様子が見えたら、イライラしない妻はいません。夫のどんなことにイライラするか、不満を抱いているかいくつかご紹介します。

睡眠時間をしっかり確保

子供が小さいうちは、いつ寝ているのか分からないぐらい、ママは年中寝不足です。子供はロボットではないので、時間通りに起きるわけでも寝るわけでもありません。そんな子供の子育て中にじゅうぶんな睡眠時間を確保する夫に対して、「たまには夜中の子育てを手伝って!」とイライラするママはとても多いです。体のことや美容のことを考えたら私だってぐっすり寝たいのに、とイライラが募るママたちを癒してあげることができるのはパパだけですよ。

友達の誘いはいつでも応じる

誘われたら断れない、という決まり文句にイライラするママたち。私だって女友達と食事に行きたいし飲みにだって行きたいのに、夫ばっかりずるい!と言われても反論できませんよね。一日じゅう子供の面倒をみるのが不安なら、せめてランチタイムぐらいは息抜きにママを一人で外出させてあげてみてはどうですか? たった数時間の息抜きでママさんたちはみるみる元気になって活き活きするはずですよ。

本屋さんとかコンビニに行きたいときにすぐに行ける

小さい子供がいるとフットワークを軽く行動できないのがママたちの悩みの種です。そんなことにも気付かずに「ちょっとコンビニいってくる」とか「本屋に行ってくる」と自由に行動できる夫にイライラ。これもさっきの話と同じで「たまにはキミも一人で息抜きしておいでよ」と労ってあげてください。

何より趣味や自分を優先させる

仕事の次に趣味を優先させる夫は少なくありません。仕事の活力を回復させるために趣味はもちろん大切ですが、子供が小さいうちは子育てにも時間を割いて欲しいものです。例えばママがお風呂に入っているときも、一人で子供の面倒を見られないパパもチラホラいるみたいですね。お風呂に入っている時間なんて30分ぐらいなのに、その間もゆっくりできないなんていい加減にしてほしい!とママが爆発する日が近いかもしれませんよ。

妻を女としてみていない

子育て中は自分にかまっている余裕がないと口を揃える女性たち。最近家のことと子育てのこと、仕事のことで精一杯だったけど夫がまったく自分に触れてくれない、と寂しがっている妻がいるのも事実です。実は妻の出産後にEDになってしまったという夫がチラホラいるようですね。妻の母性が強すぎて女性として見られなくなってしまったと嘆く夫は案外多いようです。もしもEDの症状が出ているようなら、早めに専門機関を受診してください。必要に応じてEDの症状を改善させるバイアグラなどを処方してもらえます。ジェネリック薬品があるのでお小遣いに大きく響く心配もありません。

子育て中の妻のイライラストレスは、夫に原因があることがとても多いようです。子育てを丸投げにして家庭を顧みない夫は、最悪な場合捨てられてしまうこともあるようです。結婚した意味がない、一緒に暮らしている意味がない、と三行半を突きつけられる前に、自分が家庭や子育てにどう携わっているか振り返ってみましょう。

Recommend