Category : 男が家でできること

お最新家電は男の独壇場

最新の家電は、世の主婦たちにとって強い味方。のはずが、意外にみなさん使いこなせていない場合が多いと言えます。ここはやはり男の出番!機械の性能を調べ尽くし、 妻に教えて上げましょう!説明書を読んだだけで、尊敬される夫になれるかも?

余計なお世話になりがち?

料理や掃除、洗濯といった家事も男性が参加するのが当たり前の世の中となっています。世間では『主夫』という名の、家事を専業にする夫も増えているのだとか。 とは言え慣れない家事はやはり簡単にできることではありません。下手に手を出して奥さんに「余計なことはしないで!」と怒られてしまうかも?

妻の仕事を手伝いたいのに、やったらやったで邪魔になってしまう。「男は役立たず」なんて言われっぱなしでは、プライドが許しません。男には男の実力を発揮できる場所が必ずあります。 例えば、機械関係などはいかがでしょう?

難しい機械は男の出番!

女性は機械の操作が苦手な場合が多いでしょう。普段から仕事でPCなどを使っている男性は、物事の考え方が論理的になっています。 最新機器を見たとしても「あれがこうなって、あれがこうなるから、こうなるのか」と、すぐに構造を理解出来るもの。比べて女性はどうしても、家事をしていることが多いため、 直感的な思考になりがちです。

最近の電化製品は、さまざまな機能がついています。もちろん基本的な機能もより使いやすくなっていますので、主婦が扱うのに支障はないでしょう。ですが、細かい機能に関しては、 使いこなせている人はほんの少数であると言えます。利用できれば便利な機能なのに、使わないのはもったいない!夫が説明書を片手に、 妻に最新家電の便利機能をレクチャーして上げましょう!

教え方にもコツがいります

妻にとって家電とは、基本的なことができれば良いだけです。洗濯機は洗濯ができれば。掃除機は掃除ができれば。最新家電の便利な機能がなくても、 実際には問題ないことのほうが多いでしょう。

夫が妻に、便利な機能を教えるときに気をつけたいのは、「どんなことがしたい?」という抽象的な質問をしないことです。 「こんな便利な機能がついているよ」「いつもの作業の手間が省けるよ」といった風に、その家電のポテンシャルの高さをまずは説明しましょう。

妻が話しに食いついてきたらしっかりと使い方を教えて上げてください。もし反応が薄ければ、それ以上は必要ないでしょう。あなたが教えた便利機能に感動したとき、 妻はあなたのことをきっと尊敬するはずです。

夫が料理を作れないように、妻だってできないこと、知らないことは多いです。家電に限ったことではありません。お互いがお互いの得意分野を活かし、 助け合って生活できると良い関係が築けるのでは。

Recommend