Category : 円満な家庭作り

夫の手料理に不満を抱く妻は多いらしい

せっかく妻のために端正込めて作った手料理なのに、まさか心の底ではそんなふうに思っていたなんて、と思わず耳をふさぎたくなるような妻たちの本音を集めてみました。感謝の気持ちはありつつも、「ちょっとこれは」と思ってしまう妻の本音です。

段取りが悪くて見ていてハラハラする

こればかりは普段から料理をしていない男性にしてみれば、「黙ってみていて」と言いたくなるかもしれませんね。しかし、包丁使いなど危なっかしくてハラハラするという妻の声はとても多いです。怪我しないか心配、火傷しそうで見てられない、と口も手も挟みたくなるみたいですね。

スパイスや調味料が高価すぎてビックリ

妻に美味しい料理を食べさせたいという思いはありがたいものの、普段節約しているのに高い調味料をいくつも買ってきたのを見て驚く妻は少なくありません。聞いたこともないような珍しい調味料を前に、「どうよ」とドヤ顔されても返事に困るみたいですよ。

肉や魚を切ったまな板を洗わずそのまま野菜をカットする

衛生面を考えてもこれはNGです。料理をする前にすべての材料をカットすれば段取りはいいのですが、まずは野菜から、次に肉や魚をカットしていきましょう。生ものをカットしたらすぐにまな板と包丁は洗ってくださいね。

どれも味が一緒

使う調味料がいつも一緒だと、色んな食材を使っても結局いつも同じ味になってしまいます。調味料の組み合わせや、隠し味を使えば味にインパクトがでて、「あれ? いつもと違うね」と喜んでくれるはずです。そんなときこそ高価な調味料の出番なのかもしれませんね。

野菜不足のメニューで栄養バランスが悪い

自分が食べたい好きなものを作るのはいいけれど、やっぱり気になるのは栄養バランスです。野菜は不足しがちなので気をつけているという女性は多いので、せめてサラダなどで野菜も一緒に摂ることを心がけてください。お手製ドレッシングが作れたらさらに花丸です。

後片付けができない

散らかすだけ散らかして、あとは宜しく、ではさすがに妻の堪忍袋の尾が切れます。料理は後片付けまで含めて料理と言うのです。今日は俺が作るから座って待ってて、と言い切ったのなら後片付けまで責任を持ってやり遂げましょう。日頃忙しい中で料理を作ってくれる妻に対する感謝の気持ちが芽生えてくるのではないでしょうか。

妻よりも美味しい料理を作ってしまう

妻の中には素直に嬉しいと感じる人もいますが、なんだか妻としてのプライドを傷つけられたような気がすると落ち込む妻もいるみたいですね。もしも自分自身でも「これは妻よりも美味しく作れた」と自信があるのなら、今度は妻に手伝ってもらいたいな、と言いつつ作り方を目の前でさりげなく披露してみてください。どうすれば美味しく作れるのか、そのコツをこっそり妻が学んでくれるでしょう。

美味しい料理を作ってくれることはありがたいこと、と口を揃える妻も多いですが、そのほかの話は本当にドキドキ、ガッカリ、ショックに思う妻が圧倒的に多いようです。不慣れな中でも作ってくれることに感謝していることは間違いありませんが、日頃妻がどのように料理を作っているのか、後片付けも含めて料理であることをしっかり自覚しておきましょう。

Recommend