Category : タイプ別に見る妻との付き合い方

料理ベタの妻をどうする?

妻が作る食事が好き、という男性はじつに幸せな結婚生活を送れていると思います。私の周りには「カミさんのご飯がまずくてさ…毎日こっそり外食しているからおこづかいがないよ」なんてぼやいている男性もいるくらいですから、大きな問題ですよね。

付き合ってた頃に作ってもらった?

結婚前に食事をするときに、好きな食べ物やいつもの食生活を聞いたりすることはあったと思いますが、1人暮らしじゃないとなかなか料理を作ってもらうことがないのが現実です。 実家暮らしの女性と結婚したあとに、実は妻がまったく料理をしないことを知った男性がいます。もちろん、結婚前に「料理したことある?」と聞いていましたが、実家でたまにお母さんの手伝いをしながら覚えている、と話していたので、きっと勉強しているに違いない、と思っていたのです。

まったく料理ができてない!

ところが、いざ一緒に住み出すとなかなか台所に立とうとしません。最初のうちは結婚生活が落ち着くまで外食をしようということでファミレスなどに行っていましたが、さすがに外食続きでは体にも財布にもよくありません。すぐにでも家庭料理が食べたいと思った旦那さんですが、奥さんはどうも料理したくないのでは?という疑惑を感じていたところこんな提案をされました。

「週に1回ずつ交代で料理して、残りはコンビニか外食にしよう」というのです。さすがにそんな頻度で外で食べるわけにいきませんから、妻には料理ができないのか聞いてみると、「作れるけど簡単なものしか無理」というのです。

簡単なものでも良いから作ってみてよ、というと出てきたのはお茶漬けと卵焼き…ほとんど料理になっていない。しかも卵焼きはやたら砂糖を入れたらしくとても食べられる代物ではありません。さらに旦那さんは甘い物が苦手なので、卵焼きはそもそもだし巻きがデフォルト。まったくかみ合わない食生活に、結婚早々パニック状態になってしまいました。

その後も一緒に台所に立ちながら、料理の本を片手に夫婦そろって食事を作ることに。一見するととても仲の良いラブラブ夫婦に見えますが、実態はただ料理ができないために監視役のように自分も台所にいるだけなのでした。 ところが段々料理の腕前も上がり、徐々に楽しさを覚えた奥さんは自分から料理教室に通い、それからはすっかり料理上手になってきたそうです。やればできるものですね。

これも旦那さんが献身的に料理ができるようにフォローしたからであって、世の男性はそんなに時間も取れなければ優しく手伝ってくれる男性ばかりでもありません。 食事がおいしいかどうかで、結婚生活の命運は大きく異なると言います。浮気をしてしまう男性の気持ちがわかるような、まずい食事しか作れない女性は勉強しておいた方が良いかもしれませんね。

Recommend