Category : 男が家でできること

ペットの世話は任せろ

主婦にとってはペットの世話を周りの家族がしないことは不満の一つのようです。どうしても家に一番いる人間が世話をすることになりますが、ご飯の支度から掃除、洗濯もした上でペットの世話もしなくてはいけないなんて。さすがに妻が怒りだすのもうなずけます。

猫の場合は言うことを聞かない

まず猫を飼っている家庭では、一度に何匹も同時に飼っているということがよくあるようです。何匹も飼うからには猫好きなのは間違いないですが、一番猫が好きな人とそうでない人の温度差がどれくらいあるかは問題です。

夫が極度の猫好きで、妻はそうでもないというご夫婦を知っていますが、妻は猫の餌をスーパーなどで買ってくることも面倒だ、というくらい嫌がっていました。3匹の猫を飼っていたのですが、食事だけでなくトイレや体を洗ったりと、仕事で遅くなる夫の代わりに全部自分が世話をすることになってしまい、段々ストレスになってしまい猫にむかつくようになったようです。

パソコンで用事を済ませているときにも、容赦なくPCのキーボードの上に乗ってきて書類データを全部消去されたこともあったようで、そのときはさすがに猫を追いかけまわして叩いてしまったそうです。それは怒りますよね。それからは夫がある程度面倒を見てくれるようになったとのこと。

犬は家族の一員だけど

ペットは家族の一員、とはよく言います。特に感情の喜怒哀楽が激しくわかりやすい犬はそうした思い入れが強くなりがちな動物です。 しかしその分、ちゃんと面倒を見てあげないと可哀想です。夫として一番役立てることはなんといっても散歩です。チワワやパピヨンなどの本当に小さい愛玩犬の場合は、むやみに外に連れて行きアスファルトの上などで無理に歩かせてしまうと怪我をしてしまったりするので注意が必要です。

犬の場合は、出来るだけ主人としてしっかりとしつけをしないと、段々舐めた態度をとってくるのも特徴です。ご主人さまのはずの夫が妻の言いなりになっているのを敏感に察知すると犬は妻の方をよりご主人さまとして見るようになります。なんとか犬にも妻にも尊敬されるようになりたいものです。

猫や犬なら良いですが、たまに自分の趣味で爬虫類を飼う人がいます。さすがに爬虫類の飼育を妻にお願いするのは気が引けますから、もしも飼うのではれば自分でしっかりと責任を持ちましょう。

また、海水魚や淡水魚などを飼う場合にはかなりマメでなければ勤まりません。魚の餌やりから水槽の水を換え、水槽の清掃までたくさんの手間がかかる仕事があります。そうしたことが面倒なのにも関わらずつい飼いだしてしまい妻に白い目で見られてしまうのが男というものです。

ペットを飼ったなら出来る限り一家の主として自分で世話をするようにしましょう。それが夫としての妻への優しさでもあります。

Recommend